彼女 できる モテる モテない

彼女ができる理由、できない理由。

彼女いない歴22年から、幸せな家庭を築くまで。

彼女ができるスーツスタイル〜その5

読了までの目安時間:約 5分

彼女ができる、スーツスタイル〜その4から続きます。


ここでは、ワイシャツの下に着るインナー(下着)選びについて、記載します。


ワイシャツのインナー選びのポイント

彼女ができるためには、まず清潔感、次に服装に気をつけ、女性にいきなり嫌われないようにします。その後、会話のチャンスをつかみ、女友達を増やせば、いずれ彼女ができます。

では、いきなり嫌われたり、生理的な嫌悪感をもたれたり、ダサい人と判定されないためワイシャツのインナー選びとは、どんなものでしょう?

ポイントは、別にセクシーなインナーを着なさいということではありません。ただインナーの存在感を消すことだけです。

そのためには、ワイシャツから透けて見えないこと、首元からインナーが見えないことに注意します。

具体的なワイシャツのインナー選びについて、これから記載します。


首元から見えない下着を選ぶ

ワイシャツの場合、ノーネクタイで開襟のスタイルの時に、首元からインナーが見えてしまう人がいますが、気になるものです。インナーは見せるものではありません。

これを防ぐには、インナー(下着)の首元の形に注意し、ノーネクタイのでボタンを外すスタイルならVネックの下着を選びます。



Vネックにも様々な深さがありますが、深すぎるものは避け、なるべくギリギリ見えない程度とします。

後の項でも書きますが、ネックの部分は透けて外から見えてしまうため、なるべくワイシャツの襟に隠せる程度の切れ込み具合のVネックを探します。

勘違いしてはいけないのは、ノーネクタイのスタイルは、単にネクタイを外してワイシャツのボタンを外しただけではNGだということです。
彼女ができる、スーツスタイル〜その4 にも記載した様に、ノーネクタイのスタイルではボタンダウンのワイシャツを選び、そこにVネックのインナーを合わせます。


ワイシャツからインナーが透けないために

ワイシャツからインナーが透けない様にするためには、次の点に注意します。

透けにくいワイシャツを選ぶ
素材がペラペラのワイシャツは避けます。やや厚手の織の入った素材であれば、透けにくいと思います。

色はベージュか薄いグレー
白のインナーが一番透けにくいイメージかもしれませんが、肌の色に近いベージュが、最も透けにくく、薄いグレーも案外透けにくいものです。

体に密着するサイズを
体に密着するサイズであれば、必然的にワイシャツから遠くなるため、透けにくくなります。

ノーネクタイにはVネック
ネックの切れ込みは透けて見えやすいため、ワイシャツの襟で隠れるネック形状のインナーを選びます。ノーネクタイスタイルについては上に記載の通りVネックを選びます。

ネクタイ有りなら丸首(クルーネック)

きっちりワイシャツのボタンを締めるスタイルならクルーネックです。それも、なるべくえりぐりの浅いタイプを選び、襟がワイシャツの襟とネクタイで隠れるようにします。切れ込みの深いクルーネックの場合、ワイシャツの襟の下から丸首が透ける、最もみっともないスタイルになります(昔はツキノワオヤジ、などと言ったものです)

袖は、半袖と九部袖を使い分け
半袖ワイシャツであれば、体密着サイズの半袖インナーを着ればOKですが、問題は長袖ワイシャツの時です。夏場は暑いので、 半袖ワイシャツの時と同様、体密着サイズの半袖インナーです。涼しい冷感素材で、特に色に注意してインナーの袖が透けることを防ぎます。
冬場は、九部袖(長袖)インナーを選ぶことで、袖の透けは防げます。もちろんサイズは体密着サイズとして、インナー袖のもたつきを防ぎます。


絶対にモテない下着

ここまで書いて来た様に、ワイシャツスタイルではインナー(下着)の存在感を消すことが大事ですので、ランニングシャツ)や、ロゴ・プリントのあるTシャツをワイシャツのインナーに着ることは論外です。ロゴはワンポイントであってもNGです。


彼女ができるワイシャツのインナー、まとめ

ワイシャツの下のインナーは、とにかく存在感を消すことです。せっかくスーツ、ワイシャツ選びまで頑張ったのですから、インナーで余計な失点をしては勿体無いので、サイズ、色、襟に気をつけてインナーを選択して下さい。




スポンサーリンク



当記事が参考になったら、クリック頂けると幸いです

人気ブログランキングへ

 

タグ :   

彼女ができる見た目術 スーツ選び

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る