彼女 できる モテる モテない

彼女ができる理由、できない理由。

彼女いない歴22年から、幸せな家庭を築くまで。

彼女ができるスーツスタイル〜その1

読了までの目安時間:約 6分

サラリーマンならば、普段スーツ姿という方が多いと思います。私も毎日スーツで出勤しています。

この記事をお読みで、中々彼女ができない方は、スーツを着なければならないことに対して、どの様な気持ちを持っているでしょうか?

学生の制服と同様、「スーツはセンスやオシャレなんか関係ないから、ラクだ」と考えてはいませんか?

もしそうだとしたら、それは非常に甘い考えです。スーツ選びは、女性からの印象に大きく影響します。


では、どんなスーツがモテるのか?

女性の側にも、派手なスーツが好きとか、極端に細身が良いとか、色々な嗜好・好みがあります。そのため、このスタイルがベストと一概に言うことは難しいのですが、ここでは「失点しない、見た目でNG判定を受けない」スタイルを目標として、話を続けます。

私は社会人になって15年ちょっとで、40着程のスーツを買いました。お店も、ブランド店やアウトレット、AOKIや洋服の青山といった量販店と、多岐に渡ります。また色々な本も読み、スーツについて考えてきました。

スーツは様々な種類があり、それぞれに歴史あり、価格にも理由があります。しかし、考え出すとキリがなく、お金をかけてもキリがありません。

結論として、次に示すシンプルなことだけ気をつければ、まずは失点しないスーツスタイルが完成します


二つボタンか、三つボタンを選ぶ

結論として、二つボタンか三つボタンのシングルモデルを選びます。

細身の方なら三つボタン、大柄な方なら二つボタンを基本にします。

スーツからワイシャツやネクタイが見える部分をVゾーンと呼びますが、三つボタンはVゾーンが狭く、二つボタンはVゾーンが広い作りになっています。

細身の方の二つボタンはVゾーンが広すぎてスーツがブカブカに見え、大柄な方の三つボタンはVゾーンが狭すぎて窮屈に見えます。結果、どちらもサイズが合っていない印象を与えてしまいます。


スーツはシングルをオススメ

ご承知の通り、シングルはボタンが一列のもの、ダブルはブレザーやPコートの様にボタンが二列のものを指します。

一般には、大柄な方はダブルが良いとされますが、私はシングルをお勧めします。

理由は、ダブルのスーツは「おじさん」イメージを持たれやすいことと、前ボタンを外して着るとサマにならないためです。

例外は、大柄で45歳以上、貫禄ある方が、前ボタンを外さずに着るなら、ダブルでも良いかとは思います。


スーツのサイズ選びを間違えない

スーツは、少しでもサイズが合わないと、借りてきたスーツを来た学生や、大きな制服の新入生の様に見え、みっともないものです。

スーツの上着のサイズ選びポイントは、太さ、袖の長さ、裾の長さです。

スーツの上着の太さは、ボタンを締めた時に分かります。ボタンを中心に横にシワができたら、サイズが小さいと判断して下さい。このシワができない範囲で細い、体にフィットする太さのスーツを選ぶべきです。

袖の長さは、直立した姿勢の時に、手首の骨(足で言えば、くるぶしの様な骨)が隠れる位、かつ、ワイシャツの袖が1センチ程度出る位です。ワイシャツの袖の長さは、手のひらの付け根に届く程度と思いますが、その長さマイナス1センチ程度となります。

スーツスタイルでは、ワイシャツの襟や袖がチラッと見えているのが、丁度良いジャケットのサイズに見えます。これはルールでもあり、洗いにくいスーツの襟や袖を汚さないコツでもあります。

スーツの上着の裾の長さは、股と同じ位かと思います。あまり長いと、やはり借りてきたスーツの様に見えます。ただ、大柄な方や、スポーツの筋肉等でお尻の大きな方は、気持ち長めにしないと、ずりあがってしまいます。

スラックスの裾の長さは、必ずカットするものですから、お店の方に相談すれば適正になるかと思いますが、私はやや長めにしています。直立した時に、革靴のかかと部分は1センチ程度しか見えないイメージです。


お店の方に、躊躇せず相談する

スーツは、ベテランの店員さんを見つけて、好みを伝え、躊躇せず相談するのが良いと思います。

例えば次の様な項目を伝えれば、店員さんは短い時間で的確な候補をだしてくれます。
  • 二つボタンor三つボタン
  • シングル
  • 夏用or秋〜春の3シーズン用
  • 体型にあったもの
  • 色(黒系orグレー系)
  • 予算(まずは〜4万円程度で数を揃えることをお勧めします)

彼女ができるスーツスタイル〜その2 に続きます。



スポンサーリンク



当記事が参考になったら、クリック頂けると幸いです

人気ブログランキングへ

 

タグ :    

彼女ができる見た目術 スーツ選び

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る