彼女 できる モテる モテない

彼女ができる理由、できない理由。

彼女いない歴22年から、幸せな家庭を築くまで。

彼女ができる靴選び(カジュアル編)〜その2

読了までの目安時間:約 5分

彼女ができる靴選び(カジュアル編)〜その1では、避けるべきスニーカーについて記載しました。

ここでは、女性からの「見た目審査」「第一印象審査」に合格するための、失点しないスニーカー選びについてお伝えします。


失点しないスニーカーとは

スーツでないスタイルの時、どんな靴がオシャレに見えるのか、どんな靴を買うべきなのかわからないなら、次の特徴を持つスニーカーを選びます。

  • シンプルデザイン
  • シンプルな色使い
  • 革やスエード素材

これに当てはまるオシャレスニーカーは数多くありますが、以下に具体例を挙げます。


コンバースのスニーカー

コンバース社の定番スニーカーは、落ち着いたデザインで、どんな服にも合わせやすくお勧めできます。

中でも革素材のものは、カジュアルすぎず、30代や40代の方にも、そしてジャケットなどのフォーマル寄りの服装にも合います。

具体的には、革製のオールスター、ワンスター、ジャック・パーセルというシューズです。

革の色は赤・黒・白がありますが、白は汚れやすく清潔感が出にくいことと、合わせるパンツの色を選ぶので、避けます。

赤は、シンプルデザインと白いゴム部分の影響で意外に派手でなく、適度にオシャレ感が出るため、おすすめできます。

黒は、地味ですが失点はないでしょう。

また、革素材でないコンバースでも、若い方は問題ないですが、ボロボロになる前に買い換えることをお勧めします。

コンバース・オールスター
足首までの長さのハイカットと、くるぶしまでのローカットがありますが、ハイカットは、ズボンの裾とのバランスが難しい場面もあり、彼女ができるために失点しにくいのはローカットです。



ワン・スター



コンバース ジャック・パーセル

コンバースのスニーカーは、足首や「くるぶし」部分が、他のスニーカーと違って薄いため、薄手のズボンにも裾がもたもたせず、すっきりと合わせやすいです。

注意点は、特に足幅の広い人や外反母趾の方には、コンバースはどれも幅が狭く窮屈ですので、後述のニューバランスなどを選択します。


ニューバランスのスニーカー

スニーカーやランニングシューズで有名なニューバランス社のスニーカーも、カジュアルスタイルと相性が良いシューズです。

ただ、ニューバランスのスニーカーならどれでも良いわけではありません。ニューバランスでも、デザインの悪い、いわゆる「ダサい」シューズも数多く存在します。

ニューバランスのスニーカーは型番で呼ばれることが多いのですが、「996」や「426」「574」辺りをお勧めそます。

素材は、必ずスエード素材を選んで下さい。色はグレーや青の、できるだけ単色を選び、同じ型番でも色がゴチャゴチャしているものは避けます。

ニューバランス996



ニューバランス420


彼女のできるスニーカー選び、まとめ

失点しない靴選びに大切なのは、バランスです。靴が全体から浮かない様に、靴だけが良くも悪くも目立たないようにするのがコツです。

彼女ができるためには、 どんなパンツであれ、今回述べたような靴を選んでみて下さい。派手ではなく、安っぽくもなく、バランスのとれた雰囲気になり、女性からの印象が変わるはずです。

もっと他の靴に興味が出てきたら、革製やスエード素材のスニーカーで、色やデザインが派手すぎないものを選んでみてください。



スポンサーリンク



当記事が参考になったら、クリック頂けると幸いです

人気ブログランキングへ

 

タグ :   

彼女ができる見た目術 靴選び

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る